こんにちは。みかんです。

寝ていて明け方になると「イタタタタッ〜!」と急に足がつったり、ヨガや運動をしている時に、お腹や背中が「キュッ!」とつったり…。

この「筋肉がつる」という状態は多くの方が経験していると思います。

なぜ筋肉がつるのでしょうか?

つってる時って本当に痛いんですよね。

一刻も早く治したい!

 

筋肉がつる原因とつった時の対処法、出来たらなりたくないので予防法を紹介します。

 

<スポンサードリンク>

 

筋肉がつるってどんな状態?

「筋肉がつる」というのは筋肉が痙攣している状態です。

何らかの原因で神経から筋肉を収縮する指令が過剰に伝えられ、筋肉が一気に硬くなり、激しい痛みを伴います。

 

筋肉がつる原因は?

筋肉がつる原因として特定できるものではないのですが主な原因として以下が考えられます。

◯ 筋肉疲労

よく歩いたり、運動して足が疲れた時に足がつった、無理な体勢で体を捻った時にお腹がつった…など筋肉の疲労が原因でつることがあります。

 

また、運動不足などで筋肉が硬くなり、血流やリンパの流れなどが悪くなると同時に神経系や経絡などの流れも滞ってしまい、脳からの正常な神経伝達が上手く伝わらずに、筋肉がつるという症状が現れることもあります。

 

◯ ミネラル不足

ミネラルとは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつで、人の体の組織を構成したり、カラダの調子を整える働きがあります。

カラダの中で作られないので、食べ物から摂取する必要があります。

 

その中でも、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどは、筋肉や神経の働きを調整する働きがあります。

偏った食事による栄養不足、または砂糖を分解するときにミネラルが多く消費されるので、普段から甘いものを取りすぎているなどで日常的にミネラル不足になっていると、筋肉がつりやすくなります。

 

また、高齢になるとミネラルを吸収しにくくなるので、筋肉がつることが起こりやすくなります。

 

◯ 水分不足

体内の水分が不足すると、栄養を体の隅々に行き渡らせることができなくなります。

夏は意識的に水分を摂ることが多いですが、冬は意外と水分不足になりがちです。

 

 

◯ 冷え

カラダが冷えると、血液の流れが悪くなり、筋肉も硬くなってしまいます。

血行が妨げられると、血液中のミネラルも届けられなくなるので、筋肉がつりやすくなります。

 

筋肉がつったときの対処法は?

足がつった時(こむら返り)

ふくらはぎの腓腹筋を伸ばして、筋肉の緊張を緩めます。

寝てても、座っててもいいので、足の裏を床(地面)につけて、足首を立ててキープする。

緩んできたらゆっくり動かす。

 

のあのあ

コレすごく効果あるにゃ!ご主人はいつもコレで治してるニャン

 

解剖学の先生に教えてもらったやり方ですが、すごく効果がありますよ!

 

お腹・背中がつった時

筋肉が収縮している状態なので、ゆっくり伸ばすことで治ります。

一気にカラダを動かさないように、少しずつつった箇所を伸ばすようにして安静にします。

 

漢方薬を飲む

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

漢方で、こむら返り、筋肉の痙攣などに使われます。

 

お医者様でも処方していただけるし、薬局でも市販されています。

 

漢方はじっくり効果が出ると思われがちですが、この薬は即効性があるようです。

痛みが出たときに服用すると痛みが治まるようです。

 

夜中に足がよくつる友達は枕元に置いて寝てるそうですよ!

 

予防するには?

ストレッチ

筋肉が硬くならないように、お風呂上がりなどにストレッチでカラダを柔らかくしましょう。

ストレッチで筋肉が伸ばされると、血行が良くなり筋肉の疲労も軽減されます。

バランスのいい食事をとる

筋肉の疲労回復には、ビタミンB1やクエン酸がいいと言われています。

ビタミンB1が多い食品…豚肉、うなぎ、レバー、卵など

クエン酸が多い食品…グレープフルーツ、レモン、梅干しなど

 

カリウムが多い食品…バナナ・ほうれん草・アボガド・トマトなど

マグネシウムが多い食品…あおさ・のり・ごま・アーモンドなど

カルシウムが多い食品…チーズ・ヨーグルト・干しエビ・小魚など

 

水分も忘れずに補給しましょう。

寝る前に白湯を一杯飲むだけでも、朝方の足がつる予防になります。

 

カラダを温める

カラダが冷えていると筋肉が硬くなって血行不良になるので、カラダを冷やさないようにしましょう。

寒い時期に運動するときは、しっかりウォームアップして筋肉を温めて、柔軟性を高めてから運動するようにしましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

◉ 筋肉がつる原因は、主に筋肉疲労・ミネラル不足・水分不足・冷えが考えられる。

◉ 筋肉がつった時の対処法は、つった箇所をゆっくり伸ばして筋肉を緩める。

◉ 芍薬甘草湯も効果がある。

◉ 予防するには、ストレッチでカラダを柔らかくする、栄養バランスを整える、カラダを温める。

 

いろいろ試してもしょっちゅう筋肉がつる、痙攣する…という場合は内臓機能の低下や病気が原因になっていることも考えられます。

頻繁につる時は、お医者さんに相談してみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<スポンサードリンク>

 

この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!