こんにちは。みかんです。

今日はリンパについて書いていきたいと思います。

「リンパ」よく聞きますよね。

 

リンパマッサージ、リンパを流す、リンパを流してデトックス…

カラダに良さそうーっていうのは分かるんだけど

 

そもそもリンパって何者?

デトックスってどこから出るの?

ぼんやりとしたリンパのこと、ざっくりと知っていきましょう。

<スポンサードリンク>

リンパって何?役割は?

リンパ菅・リンパ液・リンパ節を総称してリンパと言います。

 

リンパ菅とは…

血管に寄りそうようにして全身に張り巡らされています。

 

リンパ液とは…

血液中の血漿(けっしょう)の一部が血管から染み出しリンパ液となります。

リンパ液は細菌やウィルス、老廃物と共にリンパ菅に回収されます。

 

リンパ節とは…

リンパ菅の通り道にあってそら豆のような形をしています。

多くのリンパ菅がつながって、細菌やウィルスを除去するろ過装置です。

 

 

リンパの流れが滞ると、老廃物や余分な水分が回収しきれず

むくみの原因となります。

 

リンパの流れって?

リンパ菅には浅いリンパと深いリンパがあります。

浅いリンパ菅は皮膚の近くを流れているので、さするだけでも流れを促すことができます。

マッサージですね!

 

深いリンパ菅は筋肉の奥深くにあるため、

インナーマッスルを伸縮させることで流れが促されます。

運動やストレッチがいいです!

 

リンパの流れは、一方通行なんです。

手や足の指先の毛細リンパ菅から始まり、老廃物や細菌をろ過しながら、

太いリンパ本幹へと流れ、鎖骨の下の静脈に合流し、心臓へ戻されます。

 

一方、血液の流れは循環です。

心臓がポンプとして、全身に血液を送りだしています

 

リンパ菅には、心臓のようなポンプ機能を果たす器官がないため

リンパ菅自体が伸縮して流していますが、とてもゆっくりなんです。

 

なので、リンパ菅の周りにある筋肉の動きで流れを促してもらわないと

滞りがちになります。

 

浅いリンパは優しく肌をさすることで流れを促し、

深いリンパは筋肉の動きで流れを促すことができます

 

長時間同じ姿勢を取り続けたり、運動不足で筋肉が硬くなると

筋肉がリンパ菅を圧迫し、リンパの流れを停滞させてしまいます。

 

その結果、回収しきれなかった老廃物や水分でむくみが生じたり、

免疫機能が低下して、様々な不調を招きやすくなります。

 

カラダを動かすと、スッキリしたり、元気になるのは

リンパの働きも関係していたんですねー。

<スポンサードリンク>

リンパを流すためには?

まず、リンパの出口を通りやすくしておきましょう。

左鎖骨のみぞを5往復ほどマッサージします。

 

次に、右鎖骨のみぞも同様に。

やさしくさする程度で大丈夫です。

 

 

主なリンパ節は次の図のようにあります。

 

 

◯  マッサージ

入浴時やお風呂上がりにリンパの流れに沿って、

やさしくさすります。

 

肌の上の滑りをよくするために、アロマオイルなどを使うと、

香りでも癒されますね。

 

◯  ストレッチ(ヨガ)

筋肉を動かすことで、リンパの流れも促されます。

日常生活の中でも、簡単に取り入れられる

 

簡単なストレッチをご紹介します!

呼吸を止めないように、自然な呼吸で行いましょう。

 

膝裏を伸ばす

タオルを使うと伸びやすいですねー。

椅子に座っても出来ますね。

膝裏のリンパが刺激されます。

 

股関節を動かす

股関節を動かす運動の分かりやすい動画がありましたので、

お借りしました。

 

鼠蹊部にはたくさんのリンパが集まっています。

股関節をしっかり動かすと、足のむくみ、だるさが

軽減されてスッキリ!しますよ。

 

体側を伸ばす

体側を伸ばすと、腰や内臓のリンパの流れがよくなります。

気持ちよく伸ばして、3呼吸キープしましょう。

 

 

お腹をタテに伸ばす

うつぶせ寝から、ゆっくり上半身を起こしていきます。

肘を伸ばしきらなくても大丈夫です。

 

反るというより、お腹をタテに伸ばす意識で行いましょう。

胸からお腹、下腹のリンパが刺激されます。

*カラダの前を伸ばした後は、背中を丸くして腰を休めます。

 

上半身をねじる

腰から上半身をゆっくりねじります。

椅子に座って、背もたれを持って行ってもOK。

腰とお腹のリンパを刺激します。

 

背伸びする

う〜ん!っと気持ちよく伸びをしましょう。

椅子に座ってても、立って全身を伸ばしてもOK。

 

 

◯  腹式呼吸

腹式呼吸はお腹を膨らませる呼吸です。

実際は、お腹に空気を入れる訳ではなく、

 

息を吸った時に、肺が膨らみ横隔膜が下へ押されるので

内臓が横隔膜に押されて、お腹が前に膨らみます。

内臓を動かす呼吸なんです。

 

お腹にはたくさんのリンパがあるので、

内臓を動かすことで、リンパの流れもよくなるんです。

 

1 両手を下腹部に当てます。(立ってても、寝転んでても、椅子でもOK)

お腹を膨らませるイメージで、鼻から息を吸います。

 

 

 

2 鼻からゆっくりと吐いていきます。

鼻から吐くのがしんどい時は、口から吐いても大丈夫です。

 

腹式呼吸は、お腹をしっかり動かすのでやってみると

思ったよりしんどい呼吸です(^_^;

 

慣れるまでは、無理しないように

1回に5呼吸くらいから始めましょう。

 

 

まとめると…

・リンパはカラダ中に張り巡らされている一方通行の流れ。

・スタートは手足の指の毛細リンパ菅、出口は鎖骨の下から静脈へ戻る。

・リンパ節は老廃物のろ過し、細菌、ウィルスなどを退治している。

・浅いリンパと深いリンパがある。

・リンパ自身の動きは緩やかなので、筋肉がポンプの働きを担っている。

・浅いリンパはさすることで、流れが促される。

・深いリンパはストレッチなどカラダを動かすことで、流れが促される。

・腹式呼吸でもリンパの流れがよくなる。

 

いかがでしょうか?

カラダの仕組みってすごいですよねー。

自分のカラダでありながら、知れば知るほど感心してしまいます (^-^)

 

まだまだ未知の世界ではありますが、

カラダを動かすとスッキリする、

深呼吸すると気持ちがいい…のはきっと、カラダが望んでることなんでしょうね。

 

カラダとココロ、気持ちよく過ごしていきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

<スポンサードリンク>


ヨガ・ピラティスランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

 



この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!