こんにちは。みかんです。

先日は「感情」の記事を書きました。

 

出てくる感情をそのまんま認めて、出てくることを許してあげる。

感情を抑えこまずに、ありのままを認めることで

感情に振り回されることが少なくなる…そんなお話でしたね。

 

今日は執着心を捨てる。思い込みをなくす。

について書いていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

あなたは何かに執着していますか?

辞書で執着という言葉を調べると…

【ある物事に強く心がひかれること。心がとらわれて思いきれないこと。】

とあります。

 

形のあるものから、形のないものまで。

執着を持ってしまう対象は人それぞれ、限りなくありますよね。

お金、家、財産、洋服、車、恋人、家族…

 

形のあるものはまだ分かりやすいですよねー。

でも、形のないものは…えっ!コレも執着になるの?って思われるかもしれません。

 

例えば、自分の役割、社会の常識、周りの目、期待に沿うこと…

この形のないものへの執着心には、思い込みが関わってきます。

<スポンサードリンク>

思い込みってどんなもの?

先ほどの、自分の役割、社会の常識、周りの目、期待に沿うこと…

といった思いとは、どんなものがあるのでしょう?

 

例えばあなたが誰かのお母さんだとします。お母さんはこうあるべきだ…という考え。

家族の中で誰よりも早く起きて、朝食を作るのは当然でしょ  (自分の役割)

お母さんなんだから、あんまり派手な服装はダメよね  …(周りの目)

お母さんは、いつもニコニコ、元気で笑っていないと  …(期待に沿うこと)

家族とは、こうあるべきだ  …(社会の常識)  

 

簡単な例えですが、お母さんだけじゃなく、お父さんでも、子供でも、

社会人として、でも似たような「こうあるべき」があると思います。

 

この「こうあるべき」は誰が決めたものでしょうか?

 

親や先生から言われたことだったり、

地域や社会の流れ(場の空気)だったり。

 

多数派が正しくて、少数派は叩かれる。

そんな風潮がまだまだありますよね。

 

執着を捨てると? 思い込みをなくすと? どうなるの?

「こうあるべきだ」「こうじゃなきゃいけない」

そういう思いが強いほど、自分の中で制限を作ってしまい

どんどん不自由になっていきます。

 

私たちが感じる苦しみは、執着と思い込みによるものです。

現実に起こっている出来事と、自分の考え(思い込み)が違うってしまうと

苦しみが現れます。

 

苦しみを感じたとき、自分は何に執着しているのか?

どんな思い込み(考え、信念)に縛られているのか?

考えてみましょう。

 

苦しみは目の前の出来事にあるのではなく、

自分の思いの中で作られています。

自分を縛っている思い込みや執着心に気付いたらちょっと視点を変えてみる。

 

すると…今までと違った世界が見えてくるかもしれません。

窮屈に生きるより、楽に軽く生きられる方が楽しいと思うんです。

 

いつの間にか背負ってしまった、思い込みや執着心といった荷物を

気付いた時に、降ろして軽くなれば人生の自由度は上がります。

 

もちろん、自分の持ってる思い込みで苦しみを生まない時は

無理に手放そうとしなくていいですよ。

 

思い込みや執着心が重いと感じたり、苦しみが生まれるような場合は

執着心を捨ててみましょう。

思い込みをなくしてみましょう。

 

あなたを縛るものは、本来なにもないはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

<スポンサードリンク>

 

 

この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!