こんにちは。みかんです。

突然ですが「ラップデスク」って知ってますか?

こんなのです ↓

 

そごう神戸店さんで開催された「第2回 神戸さんぽ」に出店されていたラップデスク倶楽部さんのイラストを見て、一目惚れしました。

 

調べてみると、手作り体験レッスンがある!

 

チクチク手芸は苦手だけど、工作は大好きなので手作り体験に参加させてもらいました。

 

今回は、とっても便利で可愛いラップデスクの紹介です!

 

<スポンサードリンク>

 

ラップデスクとは?

ソファでくつろいでいる時、コーヒーカップを置くのにテーブルだと遠い…そんなことないですか?

私は、よくソファで食事を取る時、クッションを膝の上に置いて食べてたんです。

 

テーブルを使うと高さが合わなかったり、遠くて食べにくかったり…。

でも、クッションだと安定が悪いんですよね。

そんな時、ラップデスクのことを知りました。

ラップデスクは、木のミニデスクの下にクッションが付いています。

クッションには、パウダービーズが入っていて体に馴染むのでとても安定して、膝も暖かいんです。

日本では、まだ馴染みが少ないラップデスクですが、ヨーロッパではよく使われているそうです。

 

ソファーだけでなく、車の中で使ったり、車椅子やベッドでも使えるのでいろんな場面で活躍しそうですね。

 

ラップデスク倶楽部さんの作品は、天板が木で作られているので、しっかりして温かみも感じられます。

 

ラップデスク倶楽部

ラップデスクの手作り体験をさせてくださるのは、ラップデスク倶楽部の上原明さん。

イギリス雑貨の輸入をされていたときにラップデスクを知り、日本に広めるためにラップデスク倶楽部を立ち上げたそうです。

 

もともと手作りなどDIYが得意で始めたのかと思って質問したら、最も苦手な分野だったそうなんです。

でも、今までやってこなかったことにチャレンジしてみたい!という思いで、使う人の立場に立って試行錯誤しながら制作されているそうです。

とても素敵ですよね!

 

ラップデスクを日本で広めたいという思いから始まっているので、手作り体験は材料費のみ!

手作り体験(材料費)2,000円

 

また、ネットでも出来上がった作品を販売されています。

標準仕様 3,000円から

 

 

天板や素材などの好みを聞いてもらえるオーダーメイドもあるそうですよ!

オーダーメイド 5,000円から

 

ラップデスク倶楽部さんのHPはこちら ↓↓↓

ラップデスク倶楽部 lapdesk club

 

<スポンサードリンク>

 

ラップデスク手作りしてきました!

ラップデスクの制作は約8時間ほどです。

 

上原さんが丁寧にサポートしてくださるので、日頃まっすぐに線が引けない私でも、まっすぐに木を切ったり、計ったりできましたよ(^-^)

 

 

工程を簡単にまとめると…

<1日目> 天板、クッション生地(カバー・内袋)を選び、天板の準備(圧着)、生地の断裁。

私は天板に縁をつけたので、縁の圧着中。天板は杉の木を選びました。

 

<2日目> 天板にクッション記事をはめ込むための枠をつくる、クッション内袋を作ってパウダービーズを入れる、カバーの準備。

クッションは取り外し型とはめ込み型があります。

私ははめ込み型を選んだので、天板の裏にも枠を作ります。

 

クッションを作って、マイクロパウダービーズを入れます。

ミシンはまっすぐ縫えたら大丈夫!

 

<3日目> 天板の外回りをキレイにする、外カバーにクッションを入れて天板にはめ込む、天板とクッションを圧着。

天板の角をペーパーで削って丸く仕上げる。

クッション外カバーを立体になるようミシンで縫って、クッションを入れる。


天板にはめ込む板とクッションをテープでとめ、

天板裏に接着剤をつけて合体させる。

ぐるぐる巻きにして、重りをのせて3日固定。

完成です! のあがチェックしてます(^^)

こんな感じで使います!

もう1個欲しかったので、上原さんの作品も購入。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ラップデスクは便利でとても使いやすいです。

 

また、自分で作ると、とても愛おしいんですよね。

木の手触り、クッションの柔らかさ。

 

思ったより簡単に作れるので、ぜひ手作り体験してみてください!

どうしても苦手〜という方は、上原さんが丁寧に作られている作品をどうぞ!

 

ラップデスク倶楽部HP

場所は、阪急武庫之荘駅から歩いて10分ほどのところです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<スポンサードリンク>

 

この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!