こんにちは。みかんです。

暑い日が続いてますね。

湿気も気温も高くて、じっとしていても汗がじわっとにじんできます。

あー暑い!海に飛び込みたい〜!

そんな気分ですね。

 

汗をかいたら流したい、では、お風呂に入りましょう〜

と、やや無理矢理な展開ですが…(^_^;

この時期お風呂に浸からない、シャワーだけって方が多いようです。

お風呂に浸かるとカラダにいいことがたくさんあるんですよ。

 

<スポンサードリンク>

老廃物を排出しやすくなる。

シャワーで頭、全身を洗ってさっぱり!…した気分になりますが

カラダの中では老廃物がたくさん溜まっています。

 

カラダの中の老廃物を排出するには、リンパや血液の流れが関連してきます。

お風呂にゆったりと浸かることで、お湯の水圧でリンパの流れが促されたり

血流がよくなります。

カラダの中の流れがよくなると、汗としてで老廃物が排出されます。

 

お肌の調子がよくなる。

お風呂に浸かることで、毛穴が開き、カラダを洗うだけでは落としきれなかった

毛穴の奥の汚れを落とす事ができます。

 

汚れが残っている状態で、保湿をしても浸透しにくく、成分が行き届きません。

ゆったりとお風呂に浸かって、毛穴を開き、毛穴の奥のよごれを落としてから

保湿することで、お肌の調子がよくなってきます。

 

カラダを温めて、疲れを取る。

夏は思ったより、カラダが冷えています。

冬はカラダの冷えに敏感に反応するのですが、夏は気温が高いので、

冷えていることに気づかないことが多いのです。

 

エアコンや冷たいものを飲んだり、食べたりすることで、

カラダの中は気づかないうちに冷えています。

 

カラダが冷えると自律神経が乱れ、疲れやすくなります。

お風呂にゆったりと浸かることで、カラダの中からゆっくりと温め、

緊張をほぐし、カラダもココロもリラックスしていきます。

<スポンサードリンク>

では…リラックスできるお風呂の入り方は?

まず、お風呂の温度を調節してみましょう。

暑い時に、暑いお風呂に入るのは逆にカラダに負担がかかります。

カラダにとって理想的な温度は38度〜40度です。

 

副交感神経が優位に働き、筋肉も緩んで、リラックスできます。

でも、夏場はもう少しぬるめの37度〜39度がオススメです。

ぬるめのお湯に15分〜20分、ゆったりと浸かると、

カラダがゆっくりとほぐれて、リラックス効果が増してきます。

 

アロマを使ってリラックス!

暑いときのお風呂にオススメのアロマは、ペパーミントやはっか油です。

お風呂上がりにスッ〜っとして、爽やかです。

 

お風呂に入れる時は、3〜4滴を直接湯船に入れます。

お肌の弱い方は、アロマオイルが刺激になりやすいので、

キャリアオイル(植物油)小さじ1杯程度でアロマオイルを薄めてから

お風呂に入れます。

 

キャリアオイルの他に蜂蜜やお酒、牛乳などに溶かしてもOKです。

(蜂蜜…大さじ1杯 お酒、ワイン、牛乳…大さじ2杯)

 

ラベンダーやローズ、ゼラニウム…お好きな香りに包まれると、

ゆったりのんびりリラックスできますね。

*お肌のデリケートな赤ちゃんや3歳未満の乳幼児にはアロマバスは避けましょう。

 

 

疲れが取れて、リラックスできて、お肌にいい!

暑い夏こそ、ゆったりお風呂に入ってリフレッシュしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

<スポンサードリンク>

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

冷え性を改善・予防する5つの生活習慣。

まとめページへ ↓

冷え性を改善・予防するまとめページ

 

 

この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!