こんにちは、みかんです。

早速ですが…最近、背伸びしてますか?

ヨガのクラスをしていて、生徒の皆さんにもよくお聞きするんですが、背伸びなんてしてないわ〜って答えられる人がとても多いんです。

 

腕を上にあげる事なんて、普段の生活であまりないんですよね。

 

<スポンサードリンク>

 

背伸びは姿勢をよくする効果のほか、背中とお腹周りも引き締める効果があります。

ウエスト痩せにはぴったりですね!

 

縮こまった筋肉を伸ばすことで、血流やリンパの流れもよくなりカラダはスッキリ、気持ちもリフレッシュできますよ。

 

背伸びをするということは、カラダにとってもいいんですよ。

日常の生活では、カラダの前で作業をすることがほとんどです。

 

食事はもちろん、デスクワークや携帯、スマホを見る、読書、テレビを見る…目がカラダの前についているので当然ですよね。

 

このような長時間同じ姿勢を取ることは、頭が前に出て背中が丸くなる姿勢、猫背になることが多いです。

背筋が曲がった姿勢だと、肩こり、首こり、腰痛の原因になったり、内臓が圧迫されることにより、便秘、冷え性などカラダにはいいことがありません。

 

もちろん見た目も良くないですよね。

 

<スポンサードリンク>

 

背筋がピン!

背伸びをすることで、単純に背筋がピン!と伸びます。

また、肋骨を持ち上げるので横隔膜と一緒に内臓も引き上がります。

 

内臓を外から動かすなんて変な感じですが、背伸びをすることで内臓が刺激されるので血液やリンパ流れが良くなるんです。

 

背中の引き締め効果とウエスト痩せ効果

背伸びをした時に、背中の筋肉が伸ばされ、お腹は自然と力が入ります。

おへそが背骨の方へ引き上げられる感じですね。

 

カラダのラインが縦にキュッと引き上げられるので、自然と体幹が締まり背中やウエストの引き締め効果が期待できます。

 

道具も準備も何もいりません

1. 胸の前で指を組みます。

2. 息を吸いながら手のひらが上を向くように、腕を上げていきます。

3. ゆっくり長く息を吐きながら、お腹を縦に長く伸ばすように上に伸びていきます。

(ここで、腕が耳の後ろまで行けそうなら耳の後ろくらいに持っていく)

4. 吐き終わって、少し腕を緩めたらそのままもう一度ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐いていきます。

伸びながら左右にカラダを倒すと、お腹のくびれを作る筋肉(腹斜筋)がストレッチされるので、お腹周りもスッキリしてきますよ。

 

*腕が痛くて上がらない、肘が痛くて伸びない…という時は無理をしないようにしてください。

痛みはカラダからのサインです。痛みを我慢してまで行わないように。

あくまでも気持ちよく続けることが大事です。

 

いつでもどこでも

朝起きたとき、洗濯物を干すとき、仕事がひと段落したとき、食事の前…

青空がキレイだな!って思ったとき^^

背伸びはとても簡単です。

いつでもどこでも取り入れられます。

何よりカラダが伸びるのはとても気持ちがいいと思います。

 

運動不足の方は、背伸びをすることで最初筋肉痛になる方もおられます。

でも、普段動かしていないところが動いた証拠。

無理のない範囲で続けてみてください。

 

大事なことは、自分のカラダの反応を見て気持ちよく行うこと。

「背伸び」オススメです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

<スポンサードリンク>

 

 


人気ブログランキング

 

 

この記事の内容が気に入って頂けたら共有してもらえると嬉しいです!